アルテグループの歩み

業界の課題解決と
大切にしてきた「人とのご縁」

創業者である吉原直樹は、1978年埼玉大学教育学部を卒業後、
美容メーカーへ入社し、店舗開発や運営指導に携わるなかでさまざまな業界の課題を感じます。

美容室開業

1986年

横浜市神奈川区に美容室「ヴィクトリア」を開業します。

2階店舗・10坪・従業員3名から始まりました。

1988年

有限会社アルテを設立します。

チェーン売上高:1,400万円、年度末店舗数:3店舗

業界の課題認識

店舗開発や運営指導に携わるなかでさまざまな業界の課題を感じます。

業界構造
  • 個人経営の小規模サロンが多い
  • 個人経営店舗の後継者問題(個人経営店舗の後継者不足)
独立開業へのハードル
  • 独立前に従事していた店(経営者)との難しい関係維持
  • 財務や経理面に関する知識習得の壁
美容業(事業所) 個人:82% 法人:18% 資料元:経済センサスH26 美容業(事業所) 個人:82% 法人:18% 資料元:経済センサスH26

Ashブランド第1号店

1997年

Ashブランドの第1号店を開店します。

暖簾分けフランチャイズ構築

1997年

独立意欲の高い美容師がグループ内にとどまりながら夢を実現する方法として、暖簾分け型フランチャイズシステムを構築し、第1号FC店を輩出しました。

以降、美容師の希望をかなえつつ、「美容師」を主役とする当社グループの拡大が可能となるシステムを軸に、ブランドをAshへ統一し着実に成長して参りました。

「美容師」が主役

1998年

川崎市中原区にアルテアカデミーを設置します。

技術習得意欲が高い美容師のため、教育や研修制度を積極的に導入し、美容師にとってより良い環境を提供するための制度や仕組みづくりを開始します。

これは、当社のモットーである「若々しさ、美しさ、健やかさをより便利に、快適に提供する」の基盤となっています。

アルテ・アカデミーの設置 ヘアショーの開催 技術発表の場 コンテストの開催 競争の場

株式上場

全てのステークホルダーに長く愛される
美容室チェーンづくりに向けたスタート

2004年

JASDAQ証券取引所に株式上場します。

チェーン売上高:58億円、年度末店舗数:52店舗

提携・買収

2005年

(株)ニューヨーク・ニューヨークと業務提携を開始します。

2006年

(株)サークルKサンクスより(株)スタイルデザイナーを買収します。

現在の主要3事業会社体制の基盤が形成されます。

アルテグループの店舗数推移

1998年から2005年にかけてはアッシュの店舗数を伸ばし続けました。2006年からはニューヨーク・ニューヨークの店舗数が加わります。2007年にはさらにスタイルデザイナーなどの店舗数が加わることで、急激に店舗数を伸ばしました。その後、Choki Petaの店舗数も加わり、2017年に至るまでアルテグループの店舗数は上昇傾向にあります。

メンテナンスサロン事業開始

2011年

カットとカラーの専門店「Choki Peta」を開業します。

時代の変化とともに、低料金サロンが定着し お客様のニーズも多様化しています。

さまざまなブランドを傘下に持つことで多様化するお客様のニーズに応え、取りこぼしのない運営を可能にしています。

業界を牽引する
リーディングカンパニーへ

  • グループ店舗数 295店舗
  • グループチェーン売上 174.8億円
  • グループスタッフ数 2,700名
  • グループFC加盟 222社

※2017年12月末現在