ディスクロージャーポリシー

1情報開示の基本方針

当社は、投資家・お取引先を始めとするあらゆるステークホルダーの皆様に正確・公正な情報を提供するため、金融商品取引法等の諸法令(以下、「諸法令」)、および証券取引所が定める適時開示規則(以下、「適時開示規則」)に従い、情報開示(ディスクロージャー)を行います。諸法令や適時開示規則に該当しない情報でも、投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報や、当社への理解を深めていただく上で有用と考えられる情報は、公平性と適時性を鑑みた上で開示を行います。

2情報開示の方法

金融商品取引法等に基づく情報開示は、金融庁の提供する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」(EDINET)を用いて行います。有価証券上場規程等に基づく情報開示は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)を用いて行います

また、その他の重要な情報についても、適宜TDnetを用いて開示致します。

いずれの場合も、すみやかに当社ホームページに情報を掲載します。

3公平な情報開示

当社は、情報開示を行うにあたり、金融商品取引法に定められたフェア・ディスクロージャー・ルール(FDルール)を遵守し、特定の者に対する選択的開示とならないよう配慮するとともに、公平な情報開示の実現に努めます。

4沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から当該四半期決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、決算に関するコメントや質問に対する回答を差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間内でも、業績予想値の差異が生じることが判明した場合は、適時開示規則に従い速やかに開示します。

5将来の見通しについて

当社が開示する情報の中には、業績見通し等の将来の予想、計画、見通し等などが含まれる場合がありますが、これらは開示時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による予想であり、実際の業績等は、さまざまな要素の変化により、大きく異なる可能性が有ります。

6その他

本ホームページ上に掲載している当社情報のご利用に際しましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責条項等も合わせてご参照下さい。