創業者メッセージ

IR情報

戻る

弊社ウェブサイトをご覧くださり、ありがとうございます。また、皆様の日頃からの弊社グループへのご支援に、厚く御礼申し上げます。

当社は、皆様に「美と健康と若々しさ」を提供し、当社グループに関わるすべての人と共に幸福社会を築いていくことのできる会社となることを目指しております。この理想の中心にいるのは人です。人を、人と人の繋がりを大切にすることによって、当社の提供するサービスを「100年ブランド」とすることもできます。創業者である私は代表取締役会長として、経営全般は勿論ですが、グループ長期戦略の策定、企業理念の浸透、人材育成と組織強化に取り組み、理想の実現に努めてまいります。

美容室の商品力は、まさに「美容師力」であります。「美容師力を磨くことこそが、美容室のマーケティングの真髄」であると考えます。それぞれのブランドを背負いながら、その価値を教育し、伝えることのできる力を持った美容師を創出していくことこそが大切であると考えています。この伝承ができてこそ、お客様から頂戴した信頼の結実であるブランドを真に確立することができ、また信頼が新たなお客様を呼ぶ、「上昇気流の循環」を生み出すことができるのです。これは、私の願いの一つでもある、美容師が生涯美容師であり続けることのできる環境を創出することにも繋がります。

総務省等の統計によると、国内美容市場はここ何年か縮小傾向にあります。しかしながら、これはヘアーに限定した場合のことであり、フィールドをネイルやアイゾーン等も含めたビューティー全般に拡げるなら、違った景色が見えてきます。多くのお客様は、これまでも、これからも「美と健康と若々しさ」を求めてらっしゃいます。顧客ニーズを見据え、自らを革新し続けることで、ビューティーに携わる我々の業の可能性は、大きく拡がります。

海外に目を転じると、日本の美容技術はトップ水準にあるといわれながら、それを大きな規模で展開できている成功例は未だありません。その一方で、アジア諸国においては中間層の拡大に伴い、美容に対するニーズが非常に高まり、ここ数年の間に日本式の美容技術、マネジメントは、アジア各国に伝播、根付いてきています。アジアの美容師達は着実に実力をつけてきており、我々のすぐ後ろにまで迫ってきているのです。

我々は業界として、優秀な人材を囲い込み、弛みない教育を行い、自己を革新し続けなければなりません。我々には、数多くの勤勉な先達が累々と積み重ねてきてくれた、日本の美容文化・技術を後世に繋げる責務があります。創造性に溢れた活力ある美容業、国内での美容の深化、海外でのビジネスチャンス、これらは研鑽を積み続けることのみによって得られるものです。当社は、美と健康と若々しさを提供する使命を果たし続けることにより、お客様に喜びを提供し、微力ながらも日本の美容業界の発展に力を尽くしたいと存じております。

 

株式会社アルテ サロン ホールディングス 代表取締役会長 吉原 直樹

取締役CVO 吉原 直樹

 

吉原 直樹 経歴
1956年神奈川県生まれ。
1978年埼玉大学教育学部卒業。
2014年9月中央大学MBA(経営学修士)取得。
1978年4月タカラベルモントに入社。
1981年美容室チェーンに転職し、店舗開発、店舗運営を手がける。28歳で自らも美容師免許を取得するため、美容学校に入学。31歳で美容師免許を取得。
1986年に個人事業主として横浜市に美容室を開業、88年に有限会社アルテを設立。
ロンドンのヴィダル・サスーンアカデミーの受講、数多くのカットコンテストへの挑戦、現場に立っての陣頭指揮等、美容師としてのキャリアを積んできた。
東京、神奈川を中心に「Ash」ブランドの「のれん分けフランチャイズ方式」という美容師の独立支援システムで業績を伸ばし、2004年8月にJASDAQに上場を果たす。
2006年7月に株式会社ニューヨーク・ニューヨークを、2007年1月に株式会社スタイルデザイナーを子会社としてグループに取り込み、日本最大の美容グループを統べるに至る。
現在、株式会社アルテ サロン ホールディングス代表取締役会長、株式会社アッシュ代表取締役会長兼社長、株式会社東京美髪芸術学院学院長、株式会社ダイヤモンドアイズ代表取締役社長および株式会社シーエフジェイ代表取締役社長を務める。