理念・ビジョン > これからの理美容サロン

会社案内

戻る

これからの理美容サロン

お客様のニーズは多様化し、サロンの選択は流動化しています。お客様に認めていただけるサービスを提供できるサロンが残っていきます。これからは次の3つのタイプのサロン経営が残っていくと考えています。

1つめは、高級志向のある上質店です。ファッションに向ける意識の高いお客様の旺盛な需要をターゲットに、今後も伸びていくと考えています。このような店は比較的大型の店が中心であり、スケールメリットを生かせる多店舗展開の経営方式の事業者が多くなるでしょう。

2つめは、スタッフ4〜5名で、店舗の経営者自らが現役で働き、消費や流行などの変化に素早く対応できる経営をしている小型店です。この規模なら機動的に店の特徴を出しやすく、永いスパンでお客様からひいきにされる経営が成り立つでしょう。

3つめは、シンプルなサービスをエコノミーな料金で提供する店で、消費の二極化を受けて一定のスケールにまで広がっていくでしょう。

一方で、サロン側は人手不足が予想されております。スタッフのリクルート力があり、永く働ける職場を提供できるサロンが残っていくでしょう。理容師、美容師から見て魅力ある職場がこれまで以上に強く望まれるようになります。技術者ひとりひとりにそれぞれの夢があり、異なるライフプランがあります。当社および当社グループは、それらに応えられるような多様性のある舞台を提供し続けていきたいと考えています。

さらに読む

イメージ画像