理念・ビジョン > 理美容業界の先を読む

会社案内

戻る

理美容業界の先を読む

理美容室の世界は、個人で経営している小規模のサロンがほとんどで、後継者不足で廃業するサロンが増えています。また、若者の間で美容師、理容師を志望する人が年々減り始めています。
特に理容師学校の卒業生の減少傾向が進んでいます。

馴染みの理容室が廃業したりすると、お客様の一部は美容室や格安理容店などへ流れています。20代から30代の男性は以前から美容室でヘアカットをすることが珍しくありませんでしたが、特に最近は40代の男性のお客様も目立ってきました。ところが、そのように変化している美容業においても、美容師の志望者が減り始めていて、10年後はその傾向が強くなってくると予想しています。

理容と美容は、お客様のほうから垣根が崩れ始めています。理容業と美容業を区別することなく、両業界の将来を考えるべき時期にあると考えております。

さらに読む

イメージ画像