暖簾分けFC事業

事業内容

戻る

アルテグループの
主ビジネスモデル「暖簾分け」システム

美容業界の構造的な問題を解決する独自のビジネスモデル

アルテ・グループの中心的子会社である株式会社アッシュ(以下Ash)は、独自のビジネスモデルである「暖簾分け型」のチェーン展開で出店を進めてまいりました。この制度は、独立志向の強い優秀な美容師に、グループから離脱することなく店舗経営者になってもらいたい、そして確実に成功してほしいという考えを具現化したものです。

Ashは、駅前の好立地に比較的大きな投資で立派な店舗を展開していますが、その店舗を、その店舗で頑張ってきた店長に転貸し独立させてあげようという制度です。これまで頑張ってきた店で経営者になれる、スタッフやお客様、看板もそのまま継続できる、独立開業時のハードルを低くし、好条件で経営者として取り組んでもらう仕組みです。

フランチャイザーである当社は店舗転貸料や経営指導などのロイヤリティを得ます。独立した経営者は、複雑な経理や人事労務等の管理業務を本部に委ねることにより、顧客サービスやスタッフ教育に注力できます。アルテ・グループと独立経営者の双方にメリットを生む制度になっております。

Ashの暖簾分け型チェーン展開のイメージ

これまでAsh店を100店舗以上開発してきて、30名以上の経営者に対し暖簾分けしてまいりました。また、FC店の店長にも独立の機会を提供するために、「孫FC」の創出を進めております。

株式会社ニューヨーク・ニューヨークにおいても株式会社アッシュと同様の暖簾分けによるフランチャイズ制度を導入しております。また、暖簾分けの準備段階に位置づけられる業務委託契約を店舗責任者と締結する業務委託店を設置しております。